交通事故に遭ったとき整骨院と整形外科を併用出来るのか?

後遺症は油断できない

交通事故で負傷するとムチウチ症状に典型的に見られるように、医学的には治癒している状態と判断されるにも関わらず長期間後遺症に悩まされることが珍しくありません例えば痛みの症状が頑固に長引いているので、症状を緩和させる為、あるいは手足の痺れが残るのでなんとかしたい、このような事態では整骨院での施術の併用を検討する状況です。

そこで問題になるのは、整骨院 整形外科を併用して通うと慰謝料などの損害賠償が少なくならないのか、と言う点にありますそこでいくつか注意しなければならない事項を確認しておきましょう。

交通事故で負傷した場合、必ず整形外科病院を受診しなければなりませんこれは整骨院では医学的に意味のある正確な診断を下すことが出来ないからです。

この診断を受けることには特別な意味を持っており、後々の治療やその効果の正確な判定を行うことの不可欠の前提になるのですつまり事故による負傷治療を行うことが法律上で切るのは医師が属する整形外科のみであって、整骨院では治療が出来ないわけです。

整骨院の治療師は医師ではなく、投薬治療や外科治療を行うことも出来ません

整形外科に行くことに..

後日のリハビリテーションの為にも、整形外科で初期治療を受けることは絶対条件になるのです。

逆に整骨院に先にかかると、慰謝料が下がる原因にもなるのです整骨院では治療が出来ないばかりでなく、レントゲンなどの各種検査機器を駆使して、ケガの状態を客観的に把握することが出来ません。

そこで先に整骨院に通うと、客観的な検査記録も残っておらず、治療経過も不明になってしまい後日後遺障害判定の為に交通事故当時の受傷状況を検証することも適いませんこの後遺障害認定を受けると入院慰謝料とは別に後遺障害慰謝料も可能になるわけですが、この認定を受けることも不可能になってしまうのです。

つまり整形外科に通うことなく、整骨院だけで施術を受けると後遺障害慰謝料の請求が不可能になる事態が予想され、損害賠償額に直結することにもなるので、最初は整形外科への通院から始めるべきといえるのですもちろん整骨院だけに罹ると受傷部位の医学的治療を受けることがないいう状況なので、受傷を治療することが出来ず回復が困難になるリスクも懸念されるところです。

それでは整形外科と整骨院で慰謝料の計算方式までも変わってしまうのかこの点は両方比較してもさほど違いはありません。

しかし受診の順番一つで結果的に慰謝料などの損害賠償額が左右されるのは確かです最初に整骨院に罹ってしまうと、後遺障害の認定を受けることが出来ず後遺障害慰謝料の支払いを受けることが出来なくなるのです。

交通事故の受傷は治癒までに相当期間必要な場合もあるので、将来的に後遺障害認定も視野に入れて動きをとる姿勢が求められます

すぐに初期治療を

そこで交通事故で受傷したら、まずは整形外科を受診して正確な診断と初期治療を開始してください。

治療がある程度の期間経過しても、芳しくない自覚症状があるようなら主治医に整骨院の受診を相談します医師の許可が出れば整骨院を併用しても構いません。

仮に整形外科に通う必要が無くなれば、歌謡必要はありませんただし整骨院で施術を開始する前に、相手方の加害者側の保険会社にその旨を伝えることは忘れずに行って下さい。

この連絡を取る理由は保険件会社に費用の支払いをしてもらう必要があるからです勝手に連絡もせずに整骨院に通い始めると保険会社側が支払いに難色を示す場合もあるのです。

手順を踏んで対応すれば、整骨院 整形外科を併用しても費用の支払いに応じてくれるのが通常ですしかし保険会社のなかには整骨院への事前の費用支払いに応じない場合もあります。

このような時は、まずは立替払いして、後日保険会社へ費用の請求を行うことになります。