交差点事故の過失割合の決め方

交差点事故の怖さ

日々の生活の中で普通に暮らしていても思わぬ事故にあうことがありますとくに車の運転中に交通事故に遭遇してしまうということはよくあります。

とくに車同士の交差点事故は頻繁に思ってしまうものです
道路が交差しているということと、進行方向の違う車が同じエリアを通過するということで、ちょっとした運転ミスやタイミングのずれ、交通ルール違反などによって、事故につながる場所が交差点ということになります。

ですから交差点事故はさまざまな条件によって過失割合が設定されています
過失割合を決める場合の条件として信号があるのかないのかや、道幅によって変わってきます。

信号のある交差点での交通事故の過失割合は比較的にわかりますいものです。
信号のあるところでの事故ということは、基本的にはどちらかが信号を守っていないことで起こることが多いです。

事故の過失は進行方向の信号が青だった車の過失はゼロ%ですが、逆に赤信号なのに交差点に進入した車の過失割合は100%となります

過失をはっきりさせるためには

ただし、普通でいえば青信号なのに交差点に突っ込んできて事故を起こすということは、普通ではありません。

なんらかの要因があるということです信号のある交差点でありがちな事故のパターンというのは、信号が変わる瞬間の事故ということになります。

進行方向の信号が青から黄色に変わった車に赤信号で突進した車が起こした事故は過失が100%にはなりませんなぜなら黄色で突っ込んだ車にも多少の過失があったとみられるからです。

この場合は、黄色信号で侵入したほうが20%、赤で突進した車の過失は80%ということになります
信号がある交差点事故では、比較的に過失の程度が決めやすいといえますが、信号がないうえに道幅が同じ交差点での交通事故の過失割合はどうなるのでしょうか?
じつは日本の道路は左型優先ということになっています。

つまり自分が運転席に座っていて、左側に見える車が優先されるというルールになっているのです
ただ、それと同時にそのときにどの程度のスピードがだされていたかによっても過失の程度が変わってくるのです。

そもそも過失割合というのは、事故処理をしている警察がきめるものではありません
事故を起こした当事者どうしの過失の割合を数値化したもので、過去の判例をもとにおおよその基準がつくられていますが、それを決めるのは保険会社が示談交渉を進める中できめていくものになっています。

ですが、交通事故というのは同じ事故はありません

弁護士にフォローしてもらうべき

似たような事故はあってもまったく同じ条件でおこるということはないです。

それなのに、過去の事故と照らし合わせて過失の割合が決められることになります
そのため保険会社から提示された割合に納得できないというケースも当然でてくることになります。

自分には非がないのに、過失をとられてしまったという人もいるでしょう
そんなときは自分だけで相手と交渉をするといっても限界があります。

保険のプロに素人がいくらいっても話にならないというケースもありますそんなときは交通事故に詳しい弁護士に依頼をするというのも1つの方法です。

弁護士はあなたに代わって事故情報を詳しく分析してくれますさらに相手方の保険会社に対してしっかりと話し合いをしてくれます

すくなくとも個人で話すよりもずっと納得できる解決方法になります
日本の場合は過失の割合に対する賠償金などは海外に比べてかなり抑えられた金額になっていますから、納得できないという人も実際にいます。

自分だけで対応できないというときには弁護士のようにプロに依頼をして解決をしてもらったほうがスムージに解決に至ることが多いです