右直事故の過失割合は判断が難しい

右直事故は判断に難しい

右直事故の過失割合は判断は非常に難しく多岐に分かれるという事がありますこれはそれだけこの事故が難しい状況でおきるという事がある事をものがたっています。

信号がある交差点であれば信号の色が過失の割合に大きく影響をすることになります当然青信号のところが過失はないという判断になるわけですが、右直事故の場合は双方とも青という事が多いですから、後はどちらが優先されるべきであったかという事が判断材料という事になっていきます

基本的には直進が優先の原則があるのですが、既に右直を開始しているような場合でブレーキを踏めば余裕で事故を回避できたような場合には直進でも過失が認められるようなケースが無いわけではありません難しいのは信号が黄色になったり赤になったりするところで、右直の場合は直進が赤で右直する車が青という事もあり、双方の信号が変わる境目ぐらいだったりすることもよくあります。

そのため、判断が非常に難しい事が多いという事も出てくるわけです
後はバイクが直進してきて右直の車と接触するような場合には、バイクがトラックの陰に隠れて見えなかったというような事があるので、この場合にはどう判断をするのかという事が難しい条件という事になります。

見えないものは判断しようがないので右直車の過失と考えることも出来ますし、見えない場合はそこに居るものと考える運転原則を適用して右直車の過失と判断することも出来ないわけではありません

過失割合が納得いくものにならないかもしれない?

これらは事故の状況によって全く変わってくるので、信号のある交差点でもかなり判断が難しい事故も起きるという事になっています。

そして、信号が無いところではさらに過失割合の判断は難しいことになっていきます信号が無いので優先権がどちらにあるのかは判断しにくいことになっていくからです。

勿論基本として直進が優先の原則があるのですが、対向車がみえない、若しくは見にくいという状況がよくあるという事も事実です特に渋滞などでほとんど先が見渡せないような状況下で渋滞の間をついて右直をしようとしている時に、急にバイクや原付が飛び出してくるという事は良くある事ですから、これには注意を払っていてもどうしようもないという事があります。

そうなると事故の過失割合の判断は全く分からなくなり、5対5というような事になる事もありますただ直進が優先という原則があるので過失の割合か多いのが右直車という事になる可能性は高いという事にはなるでしょう

そしてバイクと車という場合には車の方が過失の割合が大きくなるという事も考えておく必要があります車の方が事故を起こした時の影響が大きいので、それだけ過失の割合が大きくみられるという事があるという事です。

原因究明はやはり難しい

こうした事をまとめていくと、右直事故の場合においては信号などの明確な違反がない限り過失割合が10対0となるような明確な事故原因の究明というのはとても難しいという事になっていて、過失の割合はその事故の状況によって異なるという事になっていると言えるでしょう過失は直進が優先の原則に違反をしているかどうか、車が注意義務を怠っているかどうかというような目線で考えられることが多いという事にもなっています

基本的に見えないからわからなかったというのは、駄目で見えない場合はそこに何かがいて危険があるかもしれないという考えのもとで行動をすることが求められるという事になると考えるべきです

そして、この考えによって危険を考えなかったことが過失という事が判断されるので見えなかったという事で過失が無くなるようなことはありません。

注意義務を怠ったというように判断されることが多いと言えるでしょう。