車線変更事故での過失割合の基本的考え方

そもそも過失割合とは

自動車運転中は目的地に応じて、車線変更を行う機会には数多く遭遇します落ち着いて運転できればそれに越したことはありませんが、急く余りに後続車も十分確認しないと、車線変更時に接触事故などのリスクが高まることは、自動車運転の経験のある方なら理解できるところです。

車線変更事故の多くは移動している自動車同士の接触事故などが多く遭遇するので過失割合が問題になりますそこで本稿では事故の類型に則して、過失の割り振りについて考察して参りましょう。

そもそも過失割合とは、加害者に100%の過失を認めることが事故の状況にかんがみて妥当でない場合に、被害者にも一定の過失を認めて公平な損害の分担を求めるというものです具体的事例に白線を越えた割り込み事故を素材に取り上げて見ましょう。

道路走行中に前方に割り込んできたと言うときを想定します道路交通法は進路変更が後続車の急な速度変更や方向変更を余技なくさせるような割り込み行為そのものを禁止しているのです。

今回では無理な割り込みで後続車と接触事故を起こしているので加害者の立場になります

では、過失割合は0?

では後続車は過失は0なのかという、とそうではありません。

後続車には前方注視と言う注意義務が課されていますそこでたとえ無理な割り込みでも一定の過失を負うのが妥当と考えられています。

もしかしたら後続車がもう少し注意を払っていれば事故は防げたかも知れないと考えるわけです従ってこの場合車線変更車が70、後続車が30の過失を負うことになります。

ところで車線変更時には変更方向のウインカーを点灯し、後続車に警告を与える義務がありますそのためウインカー無灯火で路線変更し事故に至った場合、10%路線変更側に過失が加算されることになる訳です。

見方を変えるとウインカーを点灯していない場合でも20%の過失を負うことになってしまいます
類似した状況が出現し易いのが、高速道路への合流口付近です。

高速道路の合流場所付近では、加速しながら高速道に侵入を試みる車と本線斜線を走行している車とが接触するリスクが高くなります両者のタイミングが合わずに接触事故が起きた場合も、先ほどの割り込み事例と同等の考え方が妥当します。

車線変更時も高速道合流時も直進している車に優先権があります

しかし直線走行中のドライバーも事故回避の為に前方注視義務を負っています

そこで合流側が70、本線走行側が30の過失を負担するわけです
それではさらに事例を変えて、追い越し車線への割り込みはどうでしょうか。

追い越し車線は法定速度の範囲内で一般走行車線よりも速い速度で運転することを前提にしています高速走行している車に対して追い越しをかけようとするのは、より接触や衝突事故のリスクを拡大させる可能性を秘めています。

そこで更に追い越し側に思い過失がかされることになり追い越し側が80、直進側が20の振り合いになるのです。

あくまで様々な事例がある

しかしこれまでの基本的な考えでは、いわば被害者とも云うべき立場とも考えられるのに、直進側にも何割かの過失割合が認められることは納得できない方もいらっしゃるでしょう現実に過失を10%程度にまで下げることに成功する事例も現実に存在します。

例えば割り込み時にわき見運転や速度違反や携帯端末同時操作等の、事情を立証すれば直進側の過失もより少ないものにすることが出来るのですたかが1割とあなどることは出来ません

損害賠償額が数百万以上にもなれば、かなりの金額の違いをもたらすことになります

車線変更事故は加害者にならないことはもちろんですが、後続直進車も何割かの過失割合が認められることになります。

ドライブレコーダーなどを設置して証拠を残せるようにする等、自衛策を講じることも意味があることです。