玉突き事故に巻き込まれた時は交通事故弁護士に依頼をしましょう

交通事故はいつでも起こりうる

日本は全国的に素晴らしい道路整備が行われていて、多くの人が車を利用している車社会ですそのため安全に運転することを心掛けていても、交通事故を引き起こす可能性はゼロではありませんし、巻き込まれる可能性も捨てきれません。

命を守ることが大事ですが、もし交通事故に巻き込まれたときには、迅速に適切な対処をすることが重要です

交通事故には様々な種類がありますが、運転していて巻き込まれるものの1つが玉突き事故です。

車を運転していた後方者が注意不足によって前の車に追突し、そのまま勢いでさらに前の車に追突することで玉突きの状態になります基本的に玉突き事故の場合は一番最初に追突した車が責任を負うことになります。

玉突き事故の場合は、被害者がむち打ち症などを発することが多い傾向がありますむち打ち症がすぐに治療が終わるものではなく、継続的な通院をして少しずつ改善効果を得る必要があるため、通常の怪我よりも通院期間が長くなります。

医療機関の利用期間が長くなるということは、それだけ治療費がかかってしまいます交通事故による怪我のため、治療費はもちろん、医療機関に通院するための交通費なども全て支払ってほしいと考えるのは当然です。

しかし加害者側の保険会社から提示されるのは、それぞれの保険会社が定めている相場を元にして慰謝料が支払われることが一般的です

保険会社の提示する金額では足りない?

怪我をして完治するまでの期間や状況は人によって異なるのに、保険会社が独自で定めたものを基準にしていると、治療費が全く足りなくなって自腹になってしまうということがあります。

治療費だけでなく慰謝料に関しても、想像していたよりも少ないということがあります保険会社はこれまでの多くの交通事故の案件を処理していますし、手続きに慣れていますから専門用語を並べ立てていわれると、受け入れなければならないのではないかと考えがちです。

また玉突き事故に多いむち打ち症は、身体的な痛みがつらいだけでなく、心理的な原因で症状がひどくなり通院が長引くことが多いですそれなのにむち打ち症は他の病気と比べて慰謝料の相場が低く設定されているため、被害者の負担が大きくなってしまいます。

そこで満足のいく慰謝料を支払ってもらうために、保険会社に直接交渉するのは難しいですから、そんな時は交通事故弁護士に依頼することをおすすめします交通事故弁護士は保険会社が定めている相場基準ではなく、これまで裁判で出た判例に基づいて慰謝料を請求してくれるので、保険会社が提示する慰謝料よりも高く請求する手続きを行ってくれます。

交通事故弁護士はこれまで多くの交通事故案件の処理をしていますから、保険会社に交渉するときもスムーズに行うことができます

交通事故弁護士に依頼すべき

そして交通事故弁護士に依頼をすると、当面の治療費や慰謝料を請求するだけでなく、その後に後遺障害が出たときにも支払われる後遺障害慰謝料を請求する手続きも可能です。

玉突き事故の場合は、ある程度時間がたってから症状が出てくることがあるので、後遺障害がでやすいという特徴があります後遺障害慰謝料を支払ってもらうことができれば、後から症状が出ても安心して通院することができます。

また交通事故弁護士に依頼をすれば、治療費や通院費だけでなく、もし交通事故に巻き込まれなかったら働いて得られる筈だった収入を補ってもらえる休業損害も請求することが可能です保険会社は少しでも支払う慰謝料を減らしたいと考えていますから、それに負けないようにするため交通事故弁護士に依頼をすれば、自分の代理人となって交渉を行ってくれるので安心です。

玉突き事故に巻き込まれても、自分の代わりになって交渉してくれるので治療に専念できます。